引越し費用を少しでも抑えるために知っておきたいこと

引越し業者もテレビのコマーシャルで見かける大手の業者から小さな会社まで、たくさんの業者があります。料金も少し違いますが付属のサービスにも違いがあります。特に注意が必要なものに単身バックというものがあります。
費用が安く済むことがメリットですが単身といっても荷物が多い場合は、追加料金が発生する場合もあります。また、荷物が到着する日時をきちんと確認しなければなりません。大抵は翌日に届くようですが業者や引越しの距離や場所によっては数日かかってしまう場合もあるようです。
どの業者にしたらよいのか分からない場合はインターネットで、一括見積もりをしてみるという方法もあります。

引越しの場所や荷物の量を入力すると引越し費用を算出することができます。
そして、目欲しい業者を数社見つけて金額やサービスを比較して、交渉することが引越し費用を安くするコツになります。

単身パックで賢く引越し

引越し業者は様々なサービスや引越しプランを用意してくれています。たとえば、単身者にとってありがたいプランに、いわゆる、単身パック、というものがあります。これは、荷物が少ない方にとってオススメの引越し方法でたいていの大手引越し業者は、このサービスを提供しています。この単身パックの場合、引越しの荷物をカートに積み込んでトラックに乗せる、というのが一般的です。そして、引越し先でカートごとトラックから降ろして、新居に運び込むのです。この単身パックを利用すると、通常の引越し料金よりもかなり安い料金で引越すことが出来ます。それで、単身赴任の方や、進学、入社など、様々な理由で一人暮らしを始めたり、少量の荷物で引越す場合、この単身パックを活用して賢明に安く引越すことをオススメします。

引越しのコツ

何事にも腰が重い私が引っ越しの際に早めに荷造りを終えたコツはズバリ!梱包すべき物をリストアップし、メモに起こし終わった順に線を引いて消去していくという消去法です。

まずは比較的梱包が楽な洋服から始めて、最後のほうにかさばって重たいうえに量のある書籍を最後にし作業開始初期はスタートダッシュ気分でどんどん荷造りをし終わったら線でメモを消す。それを繰り返しているとドンドンメモが消えていくので作業終了までの目途が一目瞭然なのでやる気も根気も長続きしました。最後は面倒なものばかりの梱包作業が残るのでそういう時には頑張っている自分を労うべく、コーヒーなどを飲んで一休み。

今まで何度も引っ越し直前までバタバタしっぱなしでしたがメモを取り済んだものから消去をしていくことで、いつもより早く作業が終わり余裕をもって引っ越しが出来ました。
ただ、アルバム類は思わず懐かしさに手が止まってしまうので、こればかりはどうしようもないかも。

引越し業者は沢山あります

一体何社あるのだろうか、という位引越し業者は数が多いです。それなのにどこもそんなにマイナーではなく結構聞いたことがあるという引越し業者が多いと思います。 業界最王手も分からない業界ですが、金額はピンからキリまであり見積もり方法も各社バラバラで、支払い方法も様々です。それを自分自信で一つ一つ調べていくというのはとてつも無い時間がかかります。 引越しを考え、日時を決めている時というのは早くても1ヶ月程前位だと思います。日時が分からないと季節や曜日によって金額が変わる業界の引越し会社は見積もりを出しにくいのです。 なので仮日時を設定し、一括見積もりサイトを利用して直接めんどくさい事は話さずにまとめて比べてみようという時に凄く便利なのです。

最初から決めてしまわない

最初から1社のみに決めて電話してしまうと、会社側が上手という事になってしまい、金額的にも結果的に高くなってしまうのです。 企業同士の戦いが激戦かしている今の世の中で、1社のみで決めてしまうのはとても勿体無いといえます。本来なら自分でトラックを借りて自分で引越しをするのが1番経済的だとは思いますが、実際問題素人には重たい家具を運ぶのは厳しいのが現実です。 家族で運ぶ場合は奥さんにも手伝って頂かないといけませんが、奥さんは正直頼りになりにくいです。女性の仕事ではありません。なので皆高い金額を払って引越し業者にお願いするのです。 業者側も自分じゃできないというのを知っているので、金額的には最初は結構強気で攻めてきます。 その為それに対抗する武器として一括サイトを利用して第2,第3の業者をしっかりと選んでおく事が大事なのです。 一括サイトを登録すれば、色んな引越し業者から連絡が入りますので、そこで丸め込まれずに今一括サイトで調べている所なので、それで検討します。 と強くいえば引越し業者の方もおとなしく引き下がりますので、そこは凛とした対応を心がけましょう。 ここでの連絡でまず相場の金額を調べ上げて、何人で作業するのか、支払い方法はどんなのがあるのかを色々と聞いて総合的に判断して自分の1番気に入った引越し見積もり最安業者を選ぶのがベストかと思います。 とにかく自分自身で全ての業者に荷物の種類をお伝えしてとやっていくよりも遥かに効率的だといえます。"

■引越し準備

備えあれば憂い無しといわれるように、引越しの準備がしっかりと出来ていれば引越しをはじめてする方でも失敗しません。

■引越し手続き

引越し業者にお見積もり依頼をする以外にも、引越しには様々な手続きが発生いたします。 公共機関や光熱費関係の手続きを引越し手続きも忘れないようにしましょう。

■引越し荷造り

引越し荷造りは意外と大変なように思いますが、コツなどを知っておくことでスムーズな引越しの荷造りができます。

引越し時にしておくこと

■すぐにすること

賃貸住宅の解約 転校届 新居の下調べ 不要品、粗大ゴミ、家電製品、パソコンの処分 転居はがきの作成 箱詰め開始

■10日前までにすること

郵便物の転送手続き 宅配サービスの住所変更 インターネット、電話の移転手続き 新居の配置図の作成

■1週間前までにすること

転出届 電気、ガス、水道、金融機関の手続き NHKの住所変更 ペット類の手続き

■前日までにすること

冷蔵庫のコンセントを抜き、水抜きと庫内掃除 テレビなどの映像機器・オーディオ機器の配線を外しまとめる 貴重品は、常に持ち歩くバッグに入れておく 当日すぐに使うものは別にまとめておく 石油ストーブの灯油を抜き取る パソコン内の電子ファイルをバックアップしておく

■当日にすること

・旧居 近所へのあいさつ 電気のブレーカーを落とす ガス使用停止の立会い 電気・ガス・水道の清算 忘れ物チェック 鍵の返却 ・新居 管理人、近所へのあいさつ 電気の使用開始 水道の使用開始 ガス開栓の立会い

■引越し後、1~2週間以内にすること

転入届 転校の手続き 公共料金の引き落とし手続き 不動産登記の住所変更 自動二輪、自動車の登録変更 運転免許証の住所変更 ペット類の登録変更届

引越しのダンボール詰め

普段使うものまで詰めてしまうと後々探すのが大変になります。シーズンオフの衣類や普段使っていない食器・物置・本などから、ダンボールに詰めしていきましょう。 また、新居に運んだとき、同じ場所で開けたり・収納したりするものは、なるべく同じダンボールに入れておくと楽です。 ダンボールは、それぞれの用途に合わせて作られていますので、「ダンボールが破れた」「重くて持てない」ということにならないようにしましょう。とはいえ、詰め過ぎてしまうと、同じようなことになりますので注意しましょう。 Sサイズ:本や食器など重いもの Mサイズ:台所用品・小物など Lサイズ:衣類・クッションなどの軽いもの 詰め終わったダンボールを重ねるときは、重いダンボールを下、軽いダンボールを上にして重ねましょう。 あとで箱を開ける時のことを考えて、ダンボールには「部屋名」と「入っている物」を、マーカーペンなどで書いておきましょう。書く場所は、ダンボールを積み重ねた時でも確認できるように、天面ではなく側面に書くと良いです。

家財の事前準備

冷蔵庫は引越しの前日までに中を空にしてコンセントを抜いておきましょう。その際、庫内が常温になり氷や霜が溶け始めると雑菌が繁殖しやすくなりますので、水抜きと庫内の掃除をしましょう。庫内の除菌には、消毒用エタノールが効果的です。引越し業者に言われると思いますが、故障防止のため新居では設置から2~3時間は電源を入れないようにしましょう。 映像機器やオーディオ機器の配線が複雑な場合、コードごとに接続先を書いたシールを貼っておくなどしておくと新居での接続がスムーズになります。外したコードやリモコンは、まとめておくと良いでしょう。 洗濯機は、引越し前日までに水抜きをしておき、ドラム式洗濯機の場合は、ドラムの固定ボルトを用意しておきましょう。 パソコンはデータのバックアップしておきましょう。パソコンや情報媒体に個人情報を保管するときは、データの「暗号化」「パスワード設定」をしておくと安心出来ます。 石油ストーブは灯油を完全に抜き取るか空焚きをしておきましょう。その他、引火性ガス・毒物・異臭のするものなどは運べないので注意が必要です。

食器等細かい物のまとめ方

用意しておくものものとして、マジック・はさみ・カッター・ガムテープは基本です。 そのほかには、新聞紙・チラシ(器や細かいものをまとめたり、緩衝材にしたりする) ビニール袋(ゴミ袋として使用する)ラップ・輪ゴム(液体の入ったびんや容器を包む)も必要です。 ダンボールはSサイズのものを用意しましょう。 ダンボールの底には、緩衝のためのクレープ紙を丸めて敷く。 皿は立てて、コップ・茶碗は伏せて入れる。 大きいものから入れて、上段には軽いものを入れる。 段と段の間にもクレープ紙を丸めて敷く。 重心が偏らないように、均等に入れる。 食器が中で動かないように、すきまにはクレープ紙を丸めて入れる。 皿はクレープ紙の中央にのせて、四方をおりたたみ、包んだら伏せて重ね、ダンボールには立てて入れます。 コップや湯飲みはクレープ紙の手前角にのせて、一周丸め紙を折り込んで、さらに巻く。最後に、飲み口側の紙を中に折り込み、ダンボールに伏せて入れる。 包丁は、刃の部分をダンボール紙で包み、抜けないようにテープで止めます。安全のため、包丁だとわかるように柄の部分は出しておきましょう。または包んだダンボールに「包丁」と書いておきましょう。

不要品は処分する

引越し荷造りの大事なポイントのひとつとして不要品の処分ということがあります。もったいないと思いなかなか処分できないことが多いと思います。 荷物の量が減ると引越し荷造りに作業を減らすことが出来ますし、楽になりますので出来るだけ減らしたいものです。 不要品として判断する目安としては、3ヶ月以上(季節物は1年以上)使用していない物は不要品として考えるとスムーズにいくかもしれません。 不要品の処分は引越し業者にお願いするのが一番手っ取り早いのですが物が多いと割りと高くつきます。 リサイクルショップ等に引き取ってもらうと処分費がかからないこともありますので、事前にリサイクルショップに見てもらうと良いでしょう。 引越しまでの期間にゆとりがある場合は、不要品をネットオークション等に出品するなどすると、かなりお得になる事があり引越し費用の節約にもなります。 普段使わない物や収納の奥の物から荷造りをはじめましょう。当日まで使用している物(着替えや洗面用具、トイレットペーバー、筆記用具等々)は、引越し先でもすぐに必要になる物です。 季節物や普段使用してない押入れの奥にしまってあるような物、一番奥の部屋から荷造りを始めましょう。

引越し業者の選び方

電話対応や態度、またサービス内容は十分に確認をしておきましょう。始めての引越しの場合、 価格の相場は、全く分からないと思います。価格の相場を確認するためにも、 最低でも3社以上の引越し業者から見積もりを取って比較することを勧めます。 無料で一括見積りができるサービスをしているサイトがありますので是非利用してみてください。 引越しにおける業者選びは、高額な費用が掛かる事なので、細心の注意を払いたいものです。緊急連絡先と担当者について業者については所在地、電話番号、担当、何かトラブルがあった場合の緊急連絡先と担当者や事業の種類と許可番号が明記されているか確認しましょう。 日時に関しては引越日と午前便か午後便の時間帯、現住所と新住所、荷物を積む場所と降し場所の記載の有無。トラックに積みきれない場合や引越作業員の人数が増減した場合の追加費用について記載の有無。 無料でもらえるものと、料金が発生するものがある場合がありますので、良く確認しておく事が必要になります。例えばダンボール、梱包材です。

キレイな暮らしのために

引越し作業が始まってしまうと、荷物の片付けなどに手間がかかってしまうので、予防にまで手がまわらないものです。引越し前のタイミングに行うことをおすすめします。 住み始める前のキレイなうちにしっかり予防しておくことで、予防の効果を実感しながら気持ち良い新生活がスタート出来ます。 部屋の数やタイプに応じた掃除用具を用意しておきましょう。 新居の間取りに合わせて家具やカーテンをそろえておくことと同様に、掃除用具もあわせて用意しておきましょう。 部屋の数や広さが変わるのであれば、必要な掃除用具も今までとは変わってくるものです。たとえば、畳の部屋が多い家からフローリングの部屋が多い家に増えるのであれば、モップなどを用意しておく必要があります。 汚れの予防は入念に行ったつもりでも、意外と見落としがちになる場所が玄関屋外ポーチです。引越し当日から出入りが始まり、靴や荷物の置き場所にもなりますので引越し前に予防をしておきましょう。 「ラグコート」などの撥水剤をスポンジにスプレーして玄関屋外ポーチ全体に塗り伸ばしておけば、汚れがつきにくなりキレイな状態で気持よく玄関を使い始めることができます。事前の準備が引越しのコツ引越のコツは、どれだけ事前に準備をしておけるかにかかっています。 事前に荷物を梱包しておくこと。それに加えて、梱包材を余分に用意しておくことが重要です。 梱包材は、じゅうぶんに用意をしたと思っていても足りなくなることが多いのです。特にダンボールは足りなくなります。 なぜなら、家の奥に残っていた荷物などは自分が把握しているのよりもずっと多いことがあるからです。小物類はダンボールの中でも意外と場所を取りますから、それによって足りなくなるのです。 また緩衝材も足りなくなるので、チラシなどは捨てずにとっておくのが良いでしょう。緩衝材にお金をかけることがなくなるので、引越し費用が浮くのです。引越しのコツは、事前に荷持を把握しておくことなのです。

引越しは準備が重要

初めて引越しをしようとする人は、慣れないことに戸惑ってしまう人が多いですが、それは準備を入念に行っていないから戸惑ってしまいます。 引越しをするときは、事前に決めておかなければならない点がいくつもありまして、引越し予定日よりも数ヶ月前から行動をしていなければ、最終的にトラブルがあっても対処することが出来なくなったりします。 引越しの場所を決めつつ、今後必要になると考えられる家電などを事前にリストにしておくことによって、買い忘れがないようにすることが可能ですし、引越し先での家電などの配置を考慮していくことが出来ます。 引越しの準備を疎かにしてしまえば、最終的にトラブルが発生してしまうこともありますので、引越しにとって準備は重要になります。

5回の引越し

今まで、旦那の仕事の都合で、5回引越しを経験しました。引越しは業者に頼みますが、梱包までお願いすると高額になる為、梱包はなるべく自分達で行います。 本当に必要最低限な物は、引越し当日まで残しておき、引越し当日に、全てのものを梱包したら、後は引越し業者の方々に運んで頂くだけになります。 まず、梱包のコツは、段ボールにかなり細かく、何が入っているか記入する事です。寝室雑貨やリビング雑貨などと大雑把に書いてしまうと、引越しをしてすぐに、欲しい物がある場合、かなり困ります。 出来る限り細かく記入する事をオススメします。そうすれば、本当に必要な物を引越し当日に色々出し、そんなに使わない物は、後々、引越しが落ちついてから出す事もできます。

ムダがないエコな梱包

これは、私が海外引越しをしたときに得たダンボールをいかに有効的に使うかというマメ知識です。 海外引越しの場合には、荷物全体の重さや大きさによって引越し料金が異なるため、どれだけコンパクトに荷物をまとめられるかということが重要でした。 初めての海外引越しだったので、キッチンの割れ物の梱包だけは業者にお願いし、あとの梱包は全て自分達で行いました。 開封の際に気が付いたのですが、業者の人はお客様の持ち物に破損があってはいけないという理由からか、緩衝材の使用量がとてつもなく多かったです。 自分で梱包を行った分に関しては、ハンガーに掛けなくても大丈夫なTシャツなどの衣類やタオルなどを緩衝材の代わりに使用したため、ダンボール内の隙間を荷物のみで隙間無く埋めることができ、とても効率的でした。 業者に全てお任せにする場合には、余分な緩衝材使用でその分料金が高くなっている可能性もあります。 開封の際に緩衝材がゴミとして出ることもありませんので、自分の衣類やタオルを緩衝材として使用することをお勧めします。快適な新生活のための引越し術 引越しは大変な大仕事ですが、心機一転して身の回りを整理し今より快適な生活を送るタイミングでもあります。 しかしがかかる箱詰めや最終日に焦ってしまうようなことに対処する方法としてお勧めなのが、早めの取り組みと旅行バックです。 効率的に引越し作業を行うため行動のリスト作成と不必要な物の処分は一ケ月前くらいから徐々に始めます。引越しを良い機会だと思い断捨離をするのも良いと思います。 残り一週間は旅行に出かけること想定し使用する日用品や衣服を大きめの旅行バックに詰めてくらします。 多少の不便はありますが、もしかしたら使うかもなどの思いで躊躇することなく、どんどん箱詰めしていきます。当日は荷物を運び出すことだけに集中できるようにまで収めておくととてもスムーズです。
PAGETOP
Copyright © 単身パック最安王 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.